クレアルの効果を実感していただいたユーザーの生の声

中川 郁香さん(33歳・仮名)の例。        朝洗顔してからぱぱっと1分くらいでスキンケアしてこれを塗ってるだけですが、夕方まで肌が全然カサカサにならないことに気づきました。
MENU

クレアルオールインワンゲルの効果を実感していただいたユーザーの生の声

私が、クレアルの現ユーザーである中川 郁香さん(仮名)さんに会えたのは、非常にラッキーでした。私たち女性が、使う立場に立って質問してみたかったことを、お聞きしました。きっと役に立つと思います。

まず、お仕事のことや使用開始する前までの普段の生活パターンについて教えてください。

私は、結婚前まで事務系の職場で働いていました。勤務時間がしっかりと決まっていたので、毎日規則正しい生活を送るように心がけていました。 仕事は18時に終わるので、その後買い物して帰っても19時過ぎには家につき、21時までには食事をとり終え、日付が変わる頃までには寝るようにしていました。その後、結婚して子供もができたので、子育てしながら近くのお店でパート勤務しています。

 

年齢も30代前半になってから、ホントに水分が失われた気がしています。いつも主婦として息子の世話や家事でバタバタ忙しくしていて、自分のスキンケアにあまり力を入れることができずスキンケアへの意識も低くなっていき、メイクもパパッと素早く済ませがちな日々がここ何年か続いていました。そのせいか、気づいた時には顔の小ジワやシミなどの皮脂トラブルが目立つようになってきていました。
特にシミが気になっていて、以前まではファンデーションで隠れていたのに、最近はシミの色が濃くなってきてファンデーションで隠しきれなくなってしまったし、心なしかシミの範囲も広がってきているようでショックを受けていました。

 

普段、美容や健康のために努力していることはありますか?

もともと胃腸が弱いので、食べ物に人一倍気をつけています。食事は割と少量ですが、沢山の種類の食事を接種するようにしています。ご飯1膳でも、じゃこ・たらこ・お漬物 etc。何かの本で読んで、1日30品目を接種すれば良いことがわかったのですが、毎日30品目は難しいので、なるべく品数を増やすようにしてます。炭水化物は朝・昼がメインで夜は食べないようにしています。基本、たんぱく質や温野菜を多く接種してます。
また、コラーゲンが豊富な食品を食べたからといって、直接肌にコラーゲンが働きかけるわけではないのはわかっていますが、なるべくコラーゲンを多く含んだものを食べるようにしています。これは、摂取しないより、摂取した方が良いかな程度ですが。
あと、外でおいしいものを食べるときは、ついついたくさん食べ過ぎないことにも気を付けています。
PCやTVなどは脳を刺激しますので、基本23時までに切ります。6時間以上の睡眠の確保をしていますね。お風呂には20分以上浸かっているようにしています。デトックス効果を期待して。夜、眠る前に15分くらいでしょうか? ストレッチをしてます。
このくらいですね。

 

運動面ではいかがでしょうか?

そういえば最近、少しウォーキングをするようになりました。毎日するのは難しいんですが、週に何回かパート帰りに早足で20分くらい歩いています。 勤務先の周りを歩くだけでも、いろいろな発見があって楽しいですよ。例えば「狭い通りなのに、こんなお店あったんだ〜」って。

 

悩んでいた肌トラブルはありましたか?

もともと敏感肌で、おまけに乾燥肌のため、肌荒れがすごかったですね。 毛穴がブツブツと開き、キメが荒かったです。もう、「きれいな肌」とはほど遠い肌で…。

 

クレアルを、いつ、どのようにして知ったのでしょうか?

以前からクレアルは雑誌を見ているとよく目にするので気にはなっていて、ネットで渡辺美奈代さんをはじめとした芸能人も、例えば池田美優さん、春名亜美さんや鈴木紗理奈さんもクレアルを使用しているのを知りましたし、顔のシミも消えるという評判の良い口コミも多く書かれていたので印象深かったんですよね。それで、クレアルを試しに使ってみようかなと思っていました。でも、正直、初めは半信半疑でした。

 

そのときの第一印象を教えてください。

まず、お手入れのシンプルさが、毎日忙しいうえに面倒くさがりの私には魅力だと思いました。テクスチャーは柔らかめで、すごく伸びが良い印象でした。

 

クレアルを買うとき、他の商品と比べましたか?

口コミや雑誌を参考に、クレアル以外に4点ほどの候補を考えました。実は、以前に使用したことがあるオールインワンゲルは保湿力があまりなく、結局他の化粧品を一緒に使っていました。なので、時間がかかっていました。オールインワンゲルだけでは、あまり保湿力が無く冬場は肌がつっぱった感じになってしまっていました。おそらく、肌内部が乾燥したままで、水分蒸発を防ごうと皮脂を分泌するため、ファンデーションが浮いたり毛穴が目立ってしまったりしていたのじゃないかと、今はそう思えます。それに、肌荒れがひどかったですね。毛穴に詰まりやすい成分がはいっていたり、肌の水分油分のバランスを崩しやすかったのかもしれませんね。そうやって、今までオールインワンゲルをいくつか試したものの、いい商品には出会えませんでした。だから、これ一本だけで大丈夫、というようなオールインワンゲルがあればいいなと、ずっと思っていたんです。

 

具体的には、どの商品と比べましたか?

ドクターシーラボの敏感肌用オールインワン基礎化粧品を考えましたが、パッケージにかいてあるような「化粧水、美容液、乳液、クリーム、化粧下地」の効果があるのかよく分かりませんでした。値段が高いのが続けられるか、私の場合自信がありませんでした。
フランスの温泉水で作られているアベンヌなんかも候補でした。化粧水と乳液が1つになった保湿クリームジェルですが、肌にあわない等のあまり良くない口コミが目立ったのであきらめました。
次に、イプサの美容クリームもいいかもしれないと考えました。でも、これだけで9,000円なんですが、一通りそろえると軽く2万円以上のコースなので、金額的にこれもやめました。
もっと高いのですが、オラクルのクリームなんか20,000円もするので、いいかもしれないけど、経済的に続かないので最初から候補から外しました。

 

なぜ最終的にクレアルを選んだのですか?理由を三つ選んでください。

次の3つのポイントが、クレアルを選んだ理由かと思います。
1つ目は私の肌が、敏感肌の上に乾燥肌 のため、一番重要視しているのが低刺激タイプであること。
2つ目は、もちろん真に保湿力が高いものであること。ここは、外せません。
3つ目には、値段がリーズナブルな価格のもの。継続するためです。
あと、パウダー状の物だとカサカサになってしまい、粉を吹いてしまうことが多々あるため、クリーム状のものかゲル状のものを探していました。

 

クレアルの使い心地はどうですか?

本当に手軽なのにオールインワンとは思えないほどの保湿があって、スキンケアの時間があまりとれない私でもケアできるのが本当にうれしいです。ベタベタしないでスーッと浸透していき肌が柔らかくなりました。朝洗顔してからぱぱっと1分くらいでスキンケアしてこれを塗ってるだけですが、夕方まで肌が全然カサカサにならないことに、使い始めてすぐに気づきました。

 

使い始めて効果はどのように感じていますか?

クレアルを使いだしてからは顔全体の肌色が明るく白くなってきたように感じています。肝心のシミも徐々に薄くスッキリしてきています。クレアルは、シミを除去するというよりは、美白効果がある感じがします。
現在は目元と口元の乾燥が気になるものの、肌が喜んでいるのが実感できる、欠かせないものです。浸透力や保湿力は高いと思います。
そんな感じでちゃんと効果も実感できてるし、クレアルなら毎日のスキンケアも手軽に簡単にできちゃうので、私はこれからも使い続けたいなと思っています。

 

使用開始してから何か変わったことはありましたか?

「色が白くなった」「肌がきれいになった」と言われることが増えました。年齢肌以上に若いと周りの知人から言われたときは本当に驚きました。

 

クレアルの良いところ三つ、悪いところ三つを教えてください。

私はすごい敏感肌で、ちょっとでも自分に合わない化粧品を使うと、肌がピリピリしたり顔が真っ赤になって腫れてしまうんですが、クレアルは毎日調子よく使うことができてるし、実際に顔のシミがクレアルを使いだしてから薄くなってきているので、クレアルは自信を持ってオススメします。
私みたいな敏感肌にとっては、自分の肌に合う化粧水や乳液、美容液などを揃えるのは大変だから、オールインワンで安心して使えるクレアルは、ほんと助かるし手放せないアイテムなんです。ここがまず1番目ですね。

 

2番目のよいところは、浸透するのを実感できることです。手のひらで軽く包み込むようなイメージで軽く押し広げてあげることでしっかりと浸透するのを実感できるんです。このとき、強い力を加えてこすらないという所がポイントです。この感じは表現しにくいので、わかってもらえれば嬉しいのですが。

 

3番目のよいところは、意外かもしれませんが、クレアルの綺麗なボトルデザインが気に入ってます。高級感のある質感というか配色がお気に入りで、毎日手に取る楽しみがあります。使っているわって。それに、プッシュ式なので、ゲルが手に触れず衛生的なところも気に入ってます。

 

悪いところは、あえて言うならば、人によっては、つけすぎるとちょっとベタつくと感じるかもしれないところ。1回で使用する量は、私の場合、2回のポンププッシュでは多いかなって感じです。それだけ伸びもいいので、使う量はカスタマイズする必要があると思います。化粧水+1回プッシュでもいいと思います。ジェル系のコスメが苦手な方には、ここを注意した方がよいかもしれません。
あと、ローズエキス配合のせいでしょうか?ニオイ的にローズ系の香りが苦手な方にはあまりおすすめしません。私は、無香料なら言うことなかったです。あと、初回無料のお試し注文だと思ったら送料がかかったことくらいでしょうか。基本的には大満足なので、このくらいしか思い浮かびません。

 

化粧品のコスト面はいかがでしょうか?

決してチープな化粧品ではないと思うのですが、価格に見合ったコスパがあると思います。私は、クレアルは消費ではなく投資だと思っているんです。自分の肌や身体を健康にさせるものだと思えば、コストと効果の満足度が高いバランスにあるお化粧品だと思っています。

 

これからはどんな肌になりたいですか?

まずは、今のままの良いお肌の調子をキープさせていきたいですね。

 

そのために努力していることがあれば教えてください。

私は、お庭仕事が好きでそれなりの対策はしていますが、気持のよい季節は長くなり、どうしても紫外線を浴びてしまいます。なるべく昼間の強い時間帯を避けたり、長時間浴びたりしないように気を付けています。あとは、顔を洗ったあとは洗いっぱなしにせず、一秒でもはやく、最低でも化粧水を浸透させるようにしています。 基本的なお手入れをきちんとしていれば、お肌は結果を出してくれると信じています。

 

最後にクレアルへの期待、要望を教えてください。

クレアルには本当に感謝しているんですよ。クレアルは植物由来エキスをたっぷり配合しているので、高い効果を期待しています。製法や配合成分を見ると、その会社の商品に対する「本気度」がよくわかります。これからも新しい高品質な商品開発に期待していますので、よろしくお願いします。

 

注)以上は、あくまで個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

 

 

何故、クレアルでこれほどの効果を実感できたのでしょうか?

クレアルのもっとも大きな特徴

『高圧乳化法』で成分をナノレベルまで細かく

アクネ・オールインワンゲル クレアルのもっとも大きな特徴として、『高圧乳化法』で成分をナノレベルまで細かくし、美容成分を肌深部まで浸透させ、肌に潤いを導くことが可能になったことです。

『超高圧乳化法』とは?
乳化する際に高圧をかけることによって、乳化成分をナノサイズレベルまで細かく超微粒子化し、角質のすみずみまで美容成分を浸透する力をアップすることで肌なじみを良くしています。
乳化成分が大きい状態では、なかなか角質層のすみずみに美容成分が届かないのですね。

『高圧乳化法』とは?

 

高圧乳化処理で「低刺激」処方を実現

「低刺激」処方を実現

高圧乳化処理で界面活性剤を極端に減らすことが可能になり、敏感肌の方にも使える「低刺激」処方を実現しています。
1本で「化粧水」「乳液」「美容液」「クリーム」の4つの役割。4 in 1なのです。

 

すぐれたオールインワンゲルは実はスキンケアにおいて優れている

化粧品には、商品維持のため、少なからず保存剤などが入っています。
化粧水、乳液、美容液と複数のアイテムを使用すればするほど、副作用として防腐剤や酸化防止剤を一緒に肌に浸透させることになってしまいます。
すぐれたオールインワンゲルでケアを使用すれば、時短になるだけでなく、お肌に与える合成物質の量も最小限に抑えて、スキンケアができるようになります。
オールインワンゲルは、家事や仕事で忙しい女性にとって、”時短”というところが大きな選択ポイントになっていますが、実はスキンケアにおいて、優れている点があります。

 

すぐれたオールインワンゲルであるクレアルの6つの有効成分

すぐれたオールインワンゲルであるクレアルの6つの有効成分

すぐれたオールインワンゲルであるクレアルには皮脂トラブルの要因から導きだされた6つの有効成分が配合されています。

有効成分その1フィトスフィンゴシン
 過剰な皮脂を除去し優れた清浄効果で肌をすこやかにします。もともと人の皮膚中に存在する脂質の一つなのですが、皮脂トラブルへの優れた効果も報告されています。ニキビの予防・改善などのニキビケア、そしてニキビ跡やシミ改善が期待できます。

有効成分その2 ビサボロール
 肌トラブルから皮脂を保護する働きがあります。

有効成分その3 フラーレン
 優れた保湿効果で肌に潤いとハリを与え、ツヤのある肌へ導きます。

有効成分その4 ビタミンC誘導体
 肌のコンディションを高め、コラーゲンをサポートする働きがあります。

有効成分その5 アーティチョーク葉エキス
 肌荒れ防止、肌と毛穴を引き締め、乱れた肌にハリと弾力を与えてくれます。

有効成分その6 ローズエキス
 老廃物や紫外線による肌へのダメージを防ぐとともに、くすみのない肌へ導きます。

 

13もの無添加処方で敏感肌の人にも優しい設計

敏感肌の人にも優しい設計

さらに、肌に刺激を与えやすい13の無添加処方で、敏感肌の人にも優しく、「オールインワンに革命をおこしたい」そんな想いで設計されています。
なので、オールインワンゲル特有のポロポロが出にくい設計にもなってます。
(13の無添加処方とは、酸化鉄、鉱物油、石油系化合物、合成酸化防止剤、合成香料、 合成着色料、動物由来原料、石油系界面活性剤、エタノール、 酸化チタン、シリコーン、紫外線吸収剤、合成界面活性剤フリー)

 

以上、何故クレアルオールインワンがこれほど支持されて効果があるのか、一部を紹介させていただきました。

 

 

オールインワンゲルで失敗した事例集!〜こんな失敗はしたくない〜

失敗はしたくない

オールインワン化粧品は、1つの化粧品の中に様々な成分をまとめる必要があります。例えば、美白効果のある成分を重視したオールインワン化粧品は、保湿効果のある成分の配合が後回しになってしまうものもあるんです。そのため、保湿力が持続しないので、乾燥しやすい肌になってしまうことがあります。
乾燥すると、角質が硬くなり肌のターンオーバーを乱す原因にもなってしまうんです。これでは、せっかく美白のために選んだ化粧品でも、逆効果になってしまいますね。

 

ひとつの化粧品で、保湿も美白もと欲張らないで、保湿なら保湿を重視したオールインワンゲルを選ばないと、せっかくの選択も失敗になってしまいます。
そうならないためにも、実績のあるクレアルのオールインワンゲルをお薦めします。

 

あなたには、これから語る失敗をさせたくありません!

 


ドラッグストアの安いオールインワンゲルを買って失敗した。購入したオールインワンゲルは匂いもほとんどなく、プルプルとした使い心地も結構好きだったのですが、なぜか肌に馴染ませているとモロモロっとしたカスのようなものがたくさん出てきてしまうのが大きな悩みでした。さらに付けた瞬間はしっとりしているものの2時間ほど経つと顔全体がパリパリになってしまって、翌朝の顔のテカリが尋常ではなかったのです。今から思うとたぶん保湿効果がほとんどないゲルだったのではないかな・・と思いますが、当時は「簡単にケアが出来るオールインワンゲルなんてロクなもんじゃない」と思ったのも事実です。

出典:私のドラッグストアでの残念体験談

 


今、色々なオールインワンゲルを試しています。今回のゲルは、1番保湿力がものたりなく感じました。なので、2度塗りして使っています。お手頃な値段を考えるとしょうがないかもです。リピはないです。保湿(潤い)どころか肌に合わず何の効果もなかったです。むしろ乾燥して化粧のりが悪くなりました。残念

出典:Amazon

 


何種類かの化粧品を揃えるよりは、手間もお金も節約できるように思ったのです。匂いも気にならないし、ベトつく感じもなく、付け心地は悪くありません。付けた時はお肌が潤うような気がするのですが、翌朝もしっとり、ということがなく、肌への浸透力は疑問です。口コミを見ると、乾燥肌の場合は、規定の量を付けるだけでは足りないようで、1本で2か月もつはずが、ひと月でなくなってしまうということ。1種類で全てまかなうというのは便利な反面、本当に大丈夫かと不安も感じるし、猜疑心の強い私には向かないような気がしました。結局は、もともと使っているメーカーの化粧水と、美白用乳液、ナイト用ジェルで就寝前のケアをしています。何種類か使って手間をかけるといっても数分のことだし、お値段的にも大きな違いはないように思いました。

出典:びなっち美容

 


つけた後はべたべたして、重いつけ心地。なかなか肌の中に入っていかない。べたべたしている割に、乾くと水分が足りない感じがして物足りません。結局化粧水にこれを足していますが、いまいちです。

出典:楽天

 


オールインワンゲルを使ったあと化粧をすると消しゴムのカスのようなものがでる。オールインワンジェルをぬってもツッパリ感が消えない。潤いがたりない。

出典:肌キレイ

 


塗った直後はベタベタして、重たいつけ心地です。どうしても肌の中に浸み込んでいってくれない気が…。べたついてるのに、乾くと水分が不足している感触でなんだかもの足りません。基本的にいつも化粧水にこの商品をプラスしていますが、正直微妙です。付け始めはベタベタしてなじませると返って水分が不足します。

出典:オールインワンジェル調査隊

\(クレアルなら失敗なし!今!売れています)/

 

 

 


このページの先頭へ