オールインワンゲル化粧品でも乾燥肌対策で成功するコツ

自分は乾燥肌だという女性の方は、意外と多いですね。でも、ちょっと待った!その対策間違ってますよ!乾燥は、皮膚に油分が多いか少ないか?ではなくて、水分が多いか少ないか?なのです。
MENU

オールインワンゲル化粧品でも乾燥肌対策で成功するコツ

自分は乾燥肌だという女性の方は、意外と多いですね。でも、ちょっと待った!その対策間違ってますよ!

 

ネットリサーチで有名なインターワイヤード株式会社が運営するDIMSDRIVEが、「からだの乾燥肌」についてアンケートを行っています。
からだの乾燥肌対策

 

でも、待って下さい!いくら手が乾燥すると言っても、女性の60%は、クリームを塗ると回答してます。
それも、「とにかくまめにクリームを塗る」と自己流がすごい!
からだの乾燥肌自己流

 

乾燥は、皮膚に油分が多いか少ないか?ではなくて、水分が多いか少ないか?なのです。

 

だから、乾燥肌になったら、まず肌荒れしない様にアルコールフリーの化粧品をメインに、保湿成分のセラミドやヒアルロン酸が入っている美容液やクリームを使うのが正解です。保湿成分の入っていないクリームを、いくら塗ってもベタベタするだけで、お肌の水分を維持できません。

 

セラミドやヒアルロン酸は、お肌の水分を維持するために、一番重要です。特に乾燥肌の女性は、元々お肌の中にるセラミドやヒアルロン酸の量が少ない場合が多いと言われています。

 

そして、これらセラミドやヒアルロン酸は、肌のターンオーバーと関係していると言われているので、肌のターンオーバーと乾燥肌は、密接に関係していることになります。

 

肌のターンオーバーとは、簡単に言うと表皮の生まれ変わりのこと、つまり「肌の細胞が生まれ変わることや新陳代謝」のことです。
さらに言えば「表皮の角質細胞が入れ替わる」ことです。

 

人間の皮膚は外から順番に「表皮」「真皮」「皮下組織」の構造でできていますが、この一番外の「表皮」については、さらに一番外から「角質層」「顆粒層」「有棘層」「基底層」と4層構造になっています。

 

新しく生まれたばかりの細胞は、一番底の基底層で生まれ、その後だんだんと角質層まで押し上げられていき、ついには角化細胞となって死んだ細胞になります。この角化細胞が、皮膚の表面で最終的にアカになって体外に排出され、細胞の一生を終えます。
この細胞が生まれてから体外へ排出されるまでの流れを「ターンオーバー」と言うのです。

 

このターンオーバーの周期は、だいたい28日と言われています。基底層から角質層までは14日間なのですが、角質層で最終的にアカになって剥がれ落ちていくまでにさらに14日間かかるのです。

 

この肌のターンオーバー周期が早くなると肌荒れや乾燥肌になりやすくなります。

この肌のターンオーバーを整えるには、睡眠時間や食べ物の栄養バランス、肌への保湿などが大切になるのです。

 

保湿にとって大切なセラミドやヒアルロン酸は、ターンオーバー周期のなかで、ゆっくり少しずつしか作りだせません。

 

だから、一度乾燥肌になると、敏感肌へと移行しやすくなります。敏感肌になった方はご存じでしょうが、ちょっとの刺激でヒリヒリしたりする”乾燥スパイラル”になる可能性があります。

 

オールインワンゲル化粧品でも、セラミドやヒアルロン酸の保湿成分が含まれるものならば、乾燥肌対策できるのです。

 

空気中が乾いて皮膚の水分が蒸発されやすい状態でも、保湿成分がたっぷりある肌は乾燥しないと言われています。

 

 

但し、加齢により肌のターンオーバーが遅くなります。20代の頃は28日周期、40代では40〜50日、50代では50〜60日、60代にもなると100日にも!そうなると、そもそもセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分量が少なく、年齢的にも油分不足もあるので、水分+油分の両方の補給がスキンケアの良策なので、年齢にあった対策をしましょう。。

 

保湿力があるオールインワンゲル化粧品”クレアル”については、クレアルの効果を実感していただいたユーザーの生の声 を参考にしてください。

このページの先頭へ