クレアルのオールインワンゲルでシミやソバカスを遅くする秘策

年齢を重ねると、シミというかソバカスのようなものが出てきますね。30代後半に突入し、突然シミが気になり出したりします。若い頃、小麦色の肌がはやっていて、みんなでワイワイ言って焼いた記憶があります。そのとき浴びた紫外線照射量にもよると思いますが、せめてシミになるのを遅くしたいですね。
MENU

クレアルのオールインワンゲルでシミやソバカスを遅くする秘策

紫外線を浴びる

 

年齢を重ねると、シミというかソバカスのようなものが出てきますね。30代後半に突入し、突然シミが気になり出したりします。
若い頃、小麦色の肌がはやっていて、みんなでワイワイ言って焼いた記憶があります。そのとき浴びた紫外線照射量にもよると思いますが、せめてシミになるのを遅くしたいですね。

 

まず、どうしてシミになるか、ご存じですか?
シミのできる原因は

シミのできる原因はこんなにもあります!

 

普段は、日焼けで紫外線を浴びても、皮膚の中でなら、肌のターンオーバー (生まれ変わりで通常28日周期) とともに、メラニン色素 (シミの原因) も排泄してくれます。

 

シミとしてお肌の表面に出てくるのは、肌の奥にタンクみたいなものがあって、それが満タンになりあふれ出すと突然シミが出て来るのです (例えて言うと、お風呂の浴槽がタンクで 水がメラニンと仮定します。 水道の口をチョロチョロと出しっぱなしにしてしまうと、いつか浴槽の水が満タンになって、水があふれ出してしまいます。それがシミです。理解してもらえたかな?) 。

 

紫外線って、日常でも少しづつですが紫外線を浴びてしまいます。たとえ、日焼け止めクリームを塗っていても完全にはブロックできないですもの。だから、水はチョロチョロと出しっぱなし状態なのです。

 

炎症性色素沈着と言って、ムダ毛を毛抜きで抜いてると毛穴のまわりが黒くなってしまったものや、ニキビ痕や傷痕などが茶色くなって残ったものや、虫刺された跡が消えないものなども、シミの一つです。炎症性色素沈着は時間がたてば消えることもありますが、何年も消えない場合もあります。また、その間に日焼けするとさらに消えなくなる可能性があります。

 

高年齢になると、老人性色素斑ができます。これは、紫外線由来のシミで、おもに頬骨の高い部分に1センチくらいまでの大きさに丸いシミです。最初は薄い茶色で次第に濃くはっきりしてきます。つまり、昔浴びた紫外線で、シミとなります。
老人とは言っても、早い女性で30代、大部分の女性で40代に現れるタイプのシミです。

 

さらに、老人性色素斑が進行すると脂漏性角化症 (しろうせいかくかしょう)と言って、イボのように表面はボツボツした盛り上がりができます。

 

老人性色素斑に似た症状に、肝斑 (かんぱん)によるシミがあります。女性ホルモンがくずれたときにでき、妊娠などのため20代や30代の女性にも出やすいです。その後、紫外線の浴び方で、症状が出たり薄くなったりします。メラニン色素を形成するメラノサイトが女性ホルモンの変化に刺激されて、メラニン沈着が起き肝斑になります。頬骨の高い部分に左右対称にできることが多いです。

 

また、乾燥肌の方は放っておくと敏感肌になって”乾燥スパイラル”になり小ジワが出てきることがあるのも要注意です。

 

出来るだけ紫外線を当てない

シミやソバカスを遅くする秘策です!

 

1)まず、出来るだけ紫外線を当てない。
そうすることで、メラニンを作らず活性化を防ぐことが第一です。
そのためには、日焼け止めクリームをたっぷりと塗りましょう。重ね塗りなんかも効果的ですね。紫外線ブロック繊維を使った服で着て紫外線をカバーしましょう。UVカット効果のサングラスでも、目の周りのブロックには有効です。

 

2)メラニン色素がたまるのを防ぐために、美白化粧品を使用するのも良い方法です。
日焼けによる初期のシミで見えるか見えないかくらいであれば、美白化粧品で改善されます。でも、それ以上の大きさのシミは、レーザー治療が必要です(老人性色素斑も大きいので、レーザー治療)。あまりお金はかけたくない方も多く、高額な化粧品は敬遠されます。
防腐剤は肌に負担をかける成分なので防腐剤フリーなものがオススメですが、必ず使用期限を守っての使用が必要です。使用期限を過ぎて化粧品にカビが生えたり腐ったりします。 それに、あまりに安い化粧品 (すぐに酸化する) は陽に当たると脂焼けを起こして、お肌がくすみます。

 

3)正直年齢にもよりますが(30代・40代以上の方はすでにターンオーバーが遅くなっています)、肌のターンオーバーを遅らせない様に、ピーリング剤やスクラブ剤などで角質ケアをしてください。

 

但し、皮膚の薄い方や肌のバリアゾーンが形成されていない10代の方は、スクラブはやめた方が良いかもしれません。角質ケアをして、必要な角質まで剥がすために肌トラブルを招くことになりますので、良くありません。角質層は、肌のバリアゾーンと言われて外からの刺激をも守ってくれる層なので、角質層が薄い方は、お肌のバリアゾーンが充分に形成されていません。それに、10代の方ならば、十分にターンオーバーの速度も早く、不要な角質は溜まっていないです。
お肌は下から皮下組織・真皮・表皮の3層に分かれていて、一番外側の表皮も層に分かれていて、その一番外側 (お肌に触る時に触れる部分)が角質層です。
厚さは約0.02oと非常に薄いものです。
不要な角質なら、少しピーリングで剥がしてあげると、ターンオーバーのスピードも上がり新陳代謝を上げてくれるから良いと言われています。

 

4)外からの対策として、食事などでビタミンCを多く摂るようにしましょう。
ビタミンCは、紫外線に対する抵抗力をつけるのに役立ちます。

 

5)乾燥でもお悩みなら、セラミドやヒアルロン酸が含まれる化粧品を優先してください。
化粧品はワンラインで統一してもしなくてもかまいませんので、乾燥対策をされるのであれば、保湿成分が配合されたアルコールフリーのお化粧水 (アルコールは乾燥肌を悪化させます) を、ご使用になられたら良いと思います。
お肌の一番上の表皮の角質層に角質細胞があり、この角質細胞同士の隙間は、約100ナノメートルと非常に狭いのですが、それよりも粒子を細かくすると表皮層というところまで届いてくれます。分子量を小さくしてある化粧品であれば浸透できるのです。角質層に浸透させる事ができるから、お肌も乾燥も改善出来ます。
商品によって違いますが。ただ、実際どこまで浸透しているかはメーカーによっても明確には把握できていないようです。

 

オススメは、アクネ・オールインワンゲル クレアルです。クレアルのもっとも大きな特徴が、乳化する際に高圧をかける『高圧乳化法』で成分をナノレベルまで細かくし、美容成分を角質のすみずみまで浸透させ、肌に潤いを導くことが可能にしたことです。

 

 


このページの先頭へ