オールインワンゲルを基本ベースに化粧水併用が一番経済的

化粧水って、そのほとんどが水なのですが、いったい何のためにあるのでしょう?化粧水だけでも、安価なものから〜高価なものまで市販されていますが、自分の肌に合うものはどんなもの?
MENU

オールインワンゲルを基本ベースに化粧水併用が一番経済的

化粧水も大切

 

お化粧で、まず頭に思い浮かぶのが美容液だと思います。でも、その前に化粧水を忘れてませんか?

 

化粧水って、そのほとんどが水なのですが、いったい何のためにあるのでしょう?

 

1)お肌への水分補給のため
スキンケアの基本は保湿ですので、お肌をに潤いを与えて、次につける美容液や乳液を良く浸透させるために使います。商品によって浸透力は違いますが、肌の奥の角質層〜真皮にまで浸透するように、分子を小さくしてあるのです。

 

2)お肌の表面や角質を柔らかくするため

 

3)お肌のPH(ペーハー)を調整するため
健康な肌は弱酸性です。クレンジングなどにより、一時的にアルカリ性になるのですが、お肌自身で弱酸性に戻します。アルカリ性のままでは、アクネ菌やブドウ菌などの雑菌が活性化するので、弱酸性にすることでそれを防いでくれます。化粧水を使うことによって、早く弱酸性に戻す狙いもあるのです。

 

4)お肌を引き締めるため

 

5)お肌の角質をはがれやすくして清潔にするため
コットンでふき取って角質をはがす効果をねらいます。角質のケアを怠ると、古い角質がたまって化粧品の浸透が不十分となり、ターンオーバーが遅れることで老化の原因になってしまいます。

 

などなど、化粧水だけでも、多くの役割があるのです。但し、お肌は常に蒸散している状態なので、化粧水だけの使用では肌を乾燥させてしまいます。だから、化粧水のみの使用はオススメではありません。

 

肌は潤った状態になると、次につけるスキンケアの浸透を高めると言われています。

化粧水で潤った状態に整えてくれるので、次に使用する美容液で、保湿や美白やシミなどの効果を狙った美容成分を肌に浸透させてくれます。例えば、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分を浸透させてくれるのです。

 

ちなみに、さらさらタイプやとろみのあるタイプがありますが、これは化粧水を塗った後の使用感の違いをデザインした違いなので、あまり気にする必要はありません。

 

オールインワンタイプでは、化粧水や美容液が不要なものもあります。しかし、オールインワンタイプでも、自分のお肌に不足感があれば、化粧水や美容液を併用するのも、なんら問題なくオススメです。

 

 

脂性の女性ならば、皮脂を抑える効果のある水溶性ビタミンC誘導体やアルコール入りの化粧水を使用しても問題ないでしょう。ビタミンC誘導体は、肌のコンディションを高めて、コラーゲンをサポートする働きもあります。
また、乾燥肌の方は、アルコールフリーがお肌に良いです。

 

逆に、脂性の女性は、クリームは油分が多いので注意してください。保湿クリーム自身は、お肌のバリアを強化し、化粧水や美容液の成分を保護してくれるものです。

 

 

角質ケアだけならば、AHAというピーリング剤を洗顔時に使用することで、化粧水に頼らなくするケア方法もあります。洗顔時に、週一くらいで石鹸の代わりにピーリング剤を使用してみてはどうでしょうか?

 

化粧水だけでも、安価なものから〜高価なものまで市販されており、実際自分の肌の状態にもより合う・合わないがあるので、なかなかこれだ!という風に決められないものです。結局、安い化粧水を各種買ってしまうこともありますので、オールインワンゲルを基本ベースにして、お肌の状態により化粧水や美容液を併用する方が、お肌ケアの理にかなっているし、結局一番経済的です。

 

信頼できる私のおすすめオールインワンゲルは、クレアルです。

クレアルがオススメ

 

 

 


このページの先頭へ