「オールインワンゲル」と「BBクリーム」どちらがよいか?

1つで何役も果たしてくれるオールマイティなスキンケア化粧品である「オールインワン化粧品」。その代表的な「オールインワンゲル」と「BBクリーム」に関する調査を実施してくれました。
MENU

「オールインワン化粧品」に関する調査

クレアルがオールインワンの概念を覆す

1つで何役も果たしてくれるオールマイティなスキンケアができる「オールインワン化粧品」

手入れの手軽さから「時短」にも一役かってくれるので、家事や仕事に忙しい主婦やOLの間で使用者も増えていますね。
その代表的な「オールインワンゲル」と「BBクリーム」を、誰が、どんなシーンで使用しているのかや、併用化粧品の使用実態について、マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが全国の女性 20〜59歳を対象に調査を実施して結果を解説しています。

 

使用している化粧品が“これ1本で済ます”派は、 「オールインワンゲル」派 が52.5%と半数を上回り、「BBクリーム」派は19.6%で少ない。

併用しているスキンケア化粧品

特に、注目すべきは、「BBクリーム」派の75%は化粧水も併用しているのに対し、「オールインワンゲル」派 は36.9%にしかすぎない。「オールインワンゲル」の優秀性を示しています。
それも、化粧水も含め「他のスキンケア化粧品はつけずに、この1本のみでスキンケアを済ます」女性は、「オールインワンゲル」派の5割以上です。最近の「オールインワンゲル」の実力が示されていますね。

 

利用者を年代別にみると、「オールインワンゲル」のみの利用者は40〜50代に多く、「BBクリーム」のみの利用者は20代が多いですね。

年代別使用比率

この意味は、私の友人の様子を見ていてもわかりますが、化粧すること自体が単に面倒臭くなることもあるかもしれませんが、家事など主婦としての忙しさから「時短」を真に実現したいのが40〜50代ということなのかなと思います。

 

「オールインワンゲル」単品の使用者の1ヶ月あたりのスキンケア化粧品代の平均金額は、3,321円とやや低め。

化粧品の使用額

「オールインワンゲル」と他の化粧品併用使用者は5,737円なので、差し引き2,400円くらいは、なんらかの他の化粧品を買っていることがわかります。
驚きなのは、1,000円以下の激安化粧品を使用している方も、約2割くらいいるんだなと言うこと。時短だけでなく、整肌効果も期待しているなら、すぐにやめた方が良いですね。安い「オールインワンゲル」は、保湿効果の持続力が弱く、夕方近くには肌がカサカサに露出して化粧崩れになってしまう危険が多いためです。これでは、結局なんのためにオールインにしたのか疑問がわきますね。うまい節約とは言えない化粧品選択の失敗例ですね。

 

保湿効果が持続する

クレアル(CREAL)の値段は最安6,400円くらいなので、単品使用者の平均3,321円のちょうど倍くらいの費用が必要なのですが、クレアルは、本当に“これ1本で済ます”ことが可能という評価も高い出来の化粧品なので、手間を軽減する真の時短効果と保湿に対する十分な安心感が、安い「オールインワンゲル」とは違うので、あなたがそこを狙っているなら、後悔せず本当に“これ1本で”解決すると思います。

 

クレアルの保湿効果については、クレアルの効果を実感していただいたユーザーの生の声|http://www.ryu-can.com/ に、詳しいです。
 


このページの先頭へ