クレアルで保湿を夕方までもたせるうまい使い方の決定版

皆さんは、毎朝化粧してから出勤や家事をスタートされていると思いますが、せっかく基礎化粧で保湿しても、やはり午後になると不安になり、夕方になってくると、肌の乾燥しているのが見るだけでわかって、ハリがなくなってきたりしませんか?
MENU

クレアルで保湿を夕方までもたせるうまい使い方の決定版

保湿力

皆さんは、毎朝化粧してから出勤や家事をスタートされていると思いますが、せっかく基礎化粧で保湿しても、やはり午後になると不安になり、夕方になってくると、肌の乾燥しているのが見るだけでわかって、ハリがなくなってきたりしませんか?
こんなあなたに、夕方まで肌に保湿が感じられ、美しくいつづけることができる方法をお教えします。

 

まず、化粧直しで対策するのが普通です。

 

乳液を、眉・目元以外のお顔全体にたっぷり塗布して、コットンで優しく拭き取ります。アイブロウは境界線が取れないように、メン棒に乳液をつけて、優しく拭き取りましょう。
その後に、パウダーファンデーションを塗りなおします。この場合、ファンデーションを厚く塗りすぎると、ファンデーションがヨレたり毛穴落ちする原因になります。顔全体を優しくパッティングする事で余分なファンデーションを取り除き、ムラをなくすことができます。特に毛穴が気になる部分は、トントントンと細かく何度もパッティングすると、毛穴が目立たなくなります。優しくパッティングするのがポイントです。パフを半分に折り、パウダーをもみこむ感じでパフの中に入れこみます。そうすることで、肌表面だけにベタっと着かづに、中からパウダーが少しずつ出て厚塗りにならずにキレイに塗れます。
パウダーだけだと、やはり化粧崩れは早いので、崩れてきたと思ったら、一度ティッシュで抑えて皮脂などをティッシュに吸収させてください。擦らずティッシュオフするのがポイントです。
チークや口紅など取れてしまった部分を入れ直すと、夕方まで乾燥も防げます。第一、お化粧がキレイにノリます。

 

次に考えられるが、メイクした上から対策する方法です。

自分の手のひらに乳液を少量取り、そのまま手のひらでのばし、顔全体を包み込むように優しくハンドプレスします。こすらないハンドプレスが、化粧崩れのリスク対応には効果的なのがポイントです。

 

そして、化粧品で対策するのが一番効果的な方法です。

保湿が感じられないというのは、乾燥肌状態になっているということです。油分が多いか少ないかが、乾燥を左右するのではなく、水分が多いか少ないかが原因です。

 

そうすると、保湿成分が多く含まれた化粧品が対策になります。この保湿成分として、効果的なのはセラミドやヒアルロン酸です。セラミドやヒアルロン酸は、お肌の水分を維持するために、もっとも重要です。特に、乾燥肌の方は、元々お肌の中に有るセラミドやヒアルロン酸の量が少ない場合が多いと言われています。

 

冬などに湿度が30%以下の場合、肌が乾燥すると言われていますが、セラミドやヒアルロン酸がたっぷりある肌は空気が乾いても乾燥しないと言われています。

 

年齢的にも30代からは徐々に水分とともに油分も減ります。セラミドやヒアルロン酸などでが含まれる化粧品で保湿をしっかりしても、夕方には乾燥するなら、現在使用中の化粧品のセラミドやヒアルロン酸の量が少ないことも、いちど疑ってみて下さい。

 

セラミドやヒアルロン酸が多く含まれ保湿力がある化粧品で対策すれば、夕方まで持つと思います。

 

保湿力がある化粧品”クレアル”のについては、クレアルの効果を実感していただいたユーザーの生の声 に詳しいです。

 


ヒアルロン酸とセラミドの違いについてチョイ解説

そもそも肌は、表皮と真皮の2層に分かれています。

 

真皮というのは、表皮の下でふっくらとした肌の土台を築いてくれています。
真皮には、ヒアルロン酸・エラスチン・コラーゲンの3つの成分が含まれます。これら3つの成分がうまく役割を持って、ふっくら肌を作っているのですね。ヒアルロン酸には真皮で水分をたくさん蓄える力があります。

 

また、表皮の方は、潤いを保ちながら外からの刺激を守るバリアの役目をしてくれています。表皮は、レンガの様に多重に重なった角質と、その隙間を埋めてバラバラになったりしないセメントの役割をセラミドで構成されています。こうして細胞同士を密着させ、外から異物が入り込むのを防ぐバリアの働きをしてくれるのです。つまり、この場合セラミドが保湿成分として、しっかり働いてくれます。

 

この様に、ヒアルロン酸とセラミドは、各々違う場所で保湿成分として働く成分なのです。

セラミドは自分の肌で作られるが、化粧品でも補える!

保湿効果が高いセラミドには多くの種類があります。その中でも、天然セラミド(成分表示:セレブロシド)が最も肌に良いと言われています。理由は、セレブロシドが動物性の成分のため、人がもともと持っているセラミドに最も近い性質だからです。
その他の種類のセラミドには、植物性セラミド(コメヌカスフィンゴ糖脂質など)、バイオセラミド(セラミド2とか3など)、合成セラミド(石油原料からセラミドに似た構造の保湿成分を化学合成したものでヘキサデシロキシPGヒドロキセチルヘキサデカナミドなど)があります。

 

お肌のセラミドを増やす方法には、セラミドを外から与えて補うタイプと、肌でセラミドを作れるように促すタイプがあります。セラミドを外から与えて補うタイプの代表が化粧品で補う方法です。

 

セラミドを自分の肌で増やす方法は、毎日規則正しい生活をすることです。お肌のターンオーバーは、毎日のストレスや睡眠不足によって、遅くなってきます。ターンオーバーの過程のなかでセラミドを作るので、不規則な生活ではセラミドを満足に増やせません。規則正しさが、お肌に良い結果を与えるのは、逆の不規則な生活をしている人は理解できるのではないでしょうか。

 

そして、外から与えて補うタイプでは、サプリメントや食品からでも増やせますが、化粧品から補うのが一番効果的です。
セラミドは水に溶けない物質なので、化粧水などにはほとんど配合されていないと言われており、美容液やクリームに多く配合されています。だから、化粧水で保湿できるとしたら、その化粧水にはセラミド以外の保湿成分が入っていることになります。もちろん保湿成分が期待できます。
肌のセラミドは細胞と細胞の間に存在するので、肌のすぐ内側へセラミドを補います。肌から直接浸透させた方が効率が良いです。

 

お肌のセラミドを増やす方法として化粧品が最も効率的なことが理解できたと思います。

 

 

このページの先頭へ