乾燥肌に悩んでいる人が今できる対策とクレアルの関係

乾燥肌というのは、ただ肌がカサカサになるだけではなく、目の周りがチクチクとひきつったように痛くなったりします。その場合、顔を鏡で見てみると小さなシワがたくさんあって、たとえ保湿クリームをたくさん塗っても、夕方までもたずに肌が乾燥してしまいます。
MENU

乾燥肌に悩んでいる人が今できる対策とクレアルの関係

乾燥スパイラルにならないために

乾燥肌というのは、ただ肌がカサカサになるだけではなく、目の周りがチクチクとひきつったように痛くなったりします。その場合、顔を鏡で見てみると小さなシワがたくさんあって、たとえ保湿クリームをたくさん塗っても、夕方までもたずに肌が乾燥してしまいます。

 

これは、肌の角質層にある水分が不足しているためにおこってしまいます。空気中の湿度が30%以下になると肌は乾燥します。湿度が下がると、肌の角質層から水分が蒸発しやすくなるためです。だから冬などの湿度が低い期間中は要注意です。

 

誰でもが乾燥肌にならない理由は、肌が自ら水分をつくる機能を持っているためです。その機能がちゃんと働いていれば、湿度が下がっても乾燥肌にはなりません。

 

表皮の生まれ変わるターンオーバーの過程で重要な保湿成分であるセラミドが少しづつつくり出されます。しかし、加齢に従いターンオーバーの速度も落ちます。すると、セラミドで保湿する機能が低下し、肌が乾燥しやすくなってしまいます。

美容液で補う方法が、最もオススメできます

そんな乾燥肌に悩んでいる人が、今できる対策としては、セラミド、ヒアルロン酸、ステアリン酸コレステロール、コラーゲン、レシチンなどの保湿成分が多い美容液で補う方法が、最もオススメできます。
ただし、化粧水にはセラミドなどの保湿成分はあまり配合されていないので、美容液やクリームを使用したほうが良いです。セラミドには、4種類もあるので、天然セラミド、バイオセラミドあたりがオススメです。

 

そして、アルコール入りの化粧水は、ますます乾燥を悪化させるので、アルコールフリーのものを使うようにしましょう。目の周りがチクチクする人は、目の周りには化粧水を使用しないように。
お化粧水の使い方として、手のひらにお化粧水をとり優しく包むようになじませます。パッティングは、毛穴を引き締めたりするのに効果的ですが、乾燥肌の方にはコットンの線維でお肌を傷つける可能性があるので、あまり向いていません。それでも、もしコットンを使いたいならば、世界規格「エコテックス規格100」の表示がついたものを使用してください。ラベルが付いた製品は人体に危険を及ぼすレベルの有害物質は含まれていないという保証を意味します。逆を言えば、このラベルがついていないコットンに有害物質が入っているかもしれないことになります。
お湯での洗顔・すすぎも乾燥を悪化させます。注意しましょう。

 

また、乾燥していると角質層が硬くなり化粧品の成分が入りにくくなっていますし、保湿するために必要な角質層が形成されないという状態では、有効な効果を期待できません。硬い角質層を除去するには、ピールオフパックが有名ですが、これは毛穴に詰まった汚れも取るほど強く、そのため肌への刺激が強くなり、敏感肌や乾燥肌の方はダメージを受ける場合もあるので、取扱説明書に従い、お肌の状態をみておこなって下さい。また、コットンに化粧水を含ませて下から上に優しく拭き取ると、肌表面の不要な角質が取れて肌に透明感が出てきます。
保湿するベース作りのポイントは、少し角質層を取り除いてあげるだけで良いのです。

 

肌が乾燥すると、バリア機能が低下し、外部刺激への感受性が高まります。それが、さらに肌トラブルの深刻化を招き、さらなるバリア機能の低下の原因になるという恐ろしい”乾燥スパイラル”におちいってしまいますので、ここはゼッタイ注意してください。

 

保湿成分としてヒアルロン酸が多く含まれるクレアルは、オールインワンでありながら乾燥肌の悩みを解決できる化粧品の一つです。

 

保湿力がある化粧品”クレアル”については、クレアルの効果を実感していただいたユーザーの生の声 に詳しいです。


このページの先頭へ